読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍵/奥村愛子【音楽レビュー】

奥村愛子 音楽レビュー

このアルバムは一番昭和っぽさのないアルバムだと思います。サウンドもファンキーで辛気臭さがありません。歌詞も奥村愛子特有の男女のドロドロさはなく、さっぱりめなので全体的に爽やか。アルバムの雰囲気としては、まさにジャケットの通りで、レトロなサイケデリックさがありつつも柔らかいという印象。
ファーストアルバムの頃と比べるとこの時期くらいからの歌唱力は段違いで、どんな曲でも思わず唸るような奥村愛子節を聴くことができます。歌い上げるっていう印象の曲が多いアルバム。

収録曲
1.たのしい迷路
2.ナイフの男
3.かわいたグロス
4.フライデーナイト・トーキョーナイト
5.ジャパン
6.鍵穴に気をつけろ
7.剣唄
8.さくらポケット
9.鍵
10.お望みショコラ

1.たのしい迷路
怪しくて楽しい迷路に迷い込んだ感じの曲。

2.ナイフの男
レトロな響きのギターにぐいぐい引っ張られていきます。アップテンポな曲で奥村愛子の多彩な歌声が楽しい。

3.かわいたグロス
曲もかわいけりゃ歌詞もかわいい。ポップな曲でMVもかわいいです。

4.フライデーナイト・トーキョーナイト
今度はクールな曲。ライブでもよく演奏される曲のようで、手を左右に振るフリがありますね!私は知りませんでした笑。この曲のちょろちょろ入るベースの遊びがとてもかっこいい!

5.ジャパン
勢いがすごい。この曲もアップテンポな曲。ここぞとばかりに響く歌声に圧倒される。

6.鍵穴に気をつけろ
フランス語のセリフからはじまるインスト。ハードボイルドな感じでかっこいい。

7.剣唄
ムーディなサックスが際立つ。まさに歌い上げるといった感じの曲。

8.さくらポケット
柔らかい歌声の優しいミドルナンバー。強い歌声の印象が強いこのアルバムですが、柔らかい歌声も奥村愛子の得意技。長い曲ですが長さを感じさせず、じっくり浸ることができて、聴いてるこちらまで優しい気持ちになるような曲。

9.鍵
さくらポケットに続いて柔らかい曲。こっちはスローな曲です。サウンドもギターと歌声だけとシンプル。シンプルだからこそ素材の良さが浮かび上がる。まどろみの中で幸せに浸るような曲。

10.お望みショコラ
簡単にいうとラブマッチのときみたいな雰囲気の曲、つまり誘う女的な曲です。スキャットからはじまってムーディな雰囲気でとても楽しいです。明るくアルバムの最後を締めくくっています。