読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万華鏡/奥村愛子【音楽レビュー】

奥村愛子 音楽レビュー


奥村愛子のファーストフルアルバム。語るまでもなく名盤だけど、語る。

奥村愛子との出会いは、ジャケ買いならぬジャケ借りでした。一目ぼれ、そして一聞きぼれ。わたし、めっちゃいいアーティスト見つけた!と思ったら、親友のお姉ちゃんも聴いてて、びっくりした思い出。

このアルバムには奥村愛子の礎がぎっちり詰まってます。ビッグバンドを従えて、昭和歌謡調の曲を歌う歌姫。これでもかとアイデンティティーを見せつけていく、そんなアルバムです。気になった人にはここから聴いてほしい。

収録曲
1. いっさいがっさい (密命ヴァージョン)
2. 万華鏡
3. 冬の光
4. 宝石
5. フリージア
6. 蝶
7. いろのない日記帳
8. 捨てられ上手 (穏やかMix)
9. わたしはずるい (爽やかMix)
10. 東京から
11. 紙の舟
12. 明日からふたりは

1. いっさいがっさい (密命ヴァージョン)
奥村愛子の名刺代わりの一曲。サビはスカで歌詞は道ならぬ恋の曲。スカだしビッグバンドっぽいし代表曲だしで、EGO-WRAPPIN'でいうところのくちばしにチェリー。

2. 万華鏡
次はちょっとロックよりな曲。歌詞も大人っぽくてクールな曲。

3. 冬の光
演歌の風を感じる一曲。儚さを歌っていますが、演歌特有のエナジーあふれる情熱的な曲。奥村愛子の持ち味の昭和歌謡っぽさは一色ではありません。色んなテイストの”昭和歌謡調”を歌いこなすのが強みだと思うんですが3曲目でしっかりそういった一面をも見せていて飽きさせないんです。このアルバムは一曲ずつが素晴らしいのはもちろんのこと、曲の配置もバランスがいい。

4. 宝石
サウンドは1.いっさいがっさいで、歌詞は2.万華鏡のような大人な曲。ゆったりとしたミドルナンバー。

5. フリージア
もう一発ロックな歌謡曲。セカンドアルバムのもう一度マリンブルーもそうですが、卒業というワードが入ると途端にノスタルジックになりますね。

6. 蝶
イントロの雰囲気がキューティーハニーっぽい。変身できそう。ちょっと無理して大人のふりしてプレイボーイにもてあそばれないよう振る舞ってるつもりだけど、まんまと振り回されてるって感じの曲。

7. いろのない日記帳
結局プレイボーイにもてあそばれて相手にしてもらえてない笑。

8. 捨てられ上手 (穏やかMix)
そしてふっきれる笑。

9. わたしはずるい (爽やかMix)
結局別れる笑。しかも他の女の子はわたしよりきっと賢くやってるだろうと自己嫌悪。中島みゆきのあの娘みたいに名前を連ねて恨めしそうなのがたまらない。わたしは7~9曲目の流れが本当に好きでたまらないんです。潔く男性に遊ばれる歌詞が逆に爽快。

10. 東京から
打って変わってスローなナンバー。

11. 紙の舟
より静かで厳かな雰囲気すら漂う曲へ。ピアノと歌だけなのに他の曲に全く負けないどころか存在感抜群の曲。

12. 明日からふたりは
蝶のシングルに”今日からふたりで”という曲があって、離れてた二人が一緒に暮らし始める曲で、友達のために作ったって書いてあったとおもうんですが、この曲はふたりがお互いを尊重して別れる曲なんです。お友達とこの曲は関係ないといいんですが…。曲自体は同じでアレンジと歌詞が違うだけですが、わたしはこっちのほうが好きですね。