読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹色ナミダ/奥村愛子【音楽レビュー】

音楽レビュー 奥村愛子


奥村愛子のセカンドフルアルバム。ジャケットがNICOのイラストでないアルバム。この時点であれ?となるんですよね、ファンは。

このアルバムで離れていったファンは少なくないでしょう。異変はジャケットだけではありませんでした。曲を聴いても、なんか違うんです。

それもそのはず、このアルバムではつんくにプロデュースしてもらった楽曲だったり、筒美京平作曲の曲もあったりと、作詞作曲に色んな人が関わってます。大人の事情があるのかもしれませんが、奥村愛子にとって、この”外からの成分”は完全に蛇足でした。

でも、奥村愛子は自分の曲しか歌えないわけではないんです。カバーとか、すごくいいんです。じゃあなんでこのアルバムは微妙な感じになってしまったのかっていうと、中途半端に外野が奥村愛子に寄せていった結果ではないでしょうか。だったらいっそ全然違う成分をぶつけて化学反応を狙ったほうがましだったのではと思ってしまいます。

結局このアルバムを最後に奥村愛子は表舞台から姿を消し、その後ひっそりと復活しました。奥村愛子としての活動だけでなく、アイドリング!や戦国鍋TVバカリズムプリキュアなどへ楽曲提供など、今でも精力的に活躍しています。

でもでももっと売れてもいいだろう!!心からそう思うアーティストです。

このアルバムを聴くのは一通り聴いたあとが一番いいと思う。奥村愛子の作品をいろいろ聴いた今なら、こういうのもあっていいよねって、このアルバムもすごく好きになれました。世に出るのが早すぎた。そんな不遇なアルバム。


収録曲
1.恋の嵐(作詞:奥村愛子 作曲:奥村愛子熊谷憲康
2.虹色ナミダ(作詞:奥村愛子松井五郎 作曲:奥村愛子阿部靖広
3.くちびるセクシー(作詞:つんく 作曲:つんく
4.もう一度マリンブルー(作詞:奥村愛子 作曲:上野圭市
5.Nice Nice(作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平
6.恋はここから(作詞:奥村愛子・置田恭子 作曲:熊谷憲康
7.恋したいハート(作詞:奥村愛子 作曲:筒美京平
8.Lovephobia(作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平
9.銀色の雨(作詞:奥村愛子・川上夏季 作曲:望月衛介
10.あなたのピラフ(作詞:つんく 作曲:つんく
11.ベランダの向こう側(作詞:奥村愛子 作曲:奥村愛子
12.恋したいハート(Brassless Version)


1.恋の嵐(作詞:奥村愛子 作曲:奥村愛子熊谷憲康
サウンドとかは今までの曲みたいなビッグバンドなんで、この曲以降いつもの奥村愛子を期待してしまう。罪深い曲。歌詞も奥村愛子なんだけど、いつもの毒気がなくて俗っぽい。ちょっと物足りない。

2.虹色ナミダ(作詞:奥村愛子松井五郎 作曲:奥村愛子阿部靖広
この曲はファーストアルバムの奥村愛子の意思を受け継いている曲です。期待通り。だからこそ次の曲であれ?あれれ?ってなるんですよ!!

3.くちびるセクシー(作詞:つんく 作曲:つんく
めっちゃつんくつんくさんです。確かにつんくも歌謡曲調の曲書くので、親和性が高く思えたのかもしれません。でも、つんく奥村愛子の”歌謡曲調”は、完全に似て非なるものです。これでは奥村愛子はただの歌がちょっと上手いねえちゃんです。

4.もう一度マリンブルー(作詞:奥村愛子 作曲:上野圭市
すごく昔っぽい曲。本当に昭和の曲みたいな。歌手が歌うとき、イントロ中に横で司会者が曲紹介する番組とかがあったころぐらいのイメージとか。これくらい古臭いほうが奥村愛子の良さが活かされると思います。これくらい古臭いと逆に新鮮。

5.Nice Nice(作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平
いまだにこの曲をどう受け止めたらいいのかわからない。めちゃくちゃ悪いわけではないけど、なくても困らない。

6.恋はここから(作詞:奥村愛子・置田恭子 作曲:熊谷憲康
キラキラしてて、お色気たっぷりなんですが、なんか偽物っぽいといか、奥村愛子成分が少ない。俗っぽい。

7.恋したいハート(作詞:奥村愛子 作曲:筒美京平
ぶりっこ。この辺の曲はもう奥村愛子はやけくそというか、吹っ切れて歌詞を書いていたのかもしれない。

8.Lovephobia(作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平
自己陶酔が激しすぎて聴くのがしんどい。恋愛したことがない女性作家が書く恋愛漫画のよう。

9.銀色の雨(作詞:奥村愛子・川上夏季 作曲:望月衛介
また古めかしい曲。でも4.もう一度マリンブルーよりは新しめの古臭ささ。この程度の古臭ささだけが取り柄ならカバー曲でいいのでは。

10.あなたのピラフ(作詞:つんく 作曲:つんく
この曲嫌いじゃないけど、次の曲を聴いてしまうと途端にかすんで見えなくなります。ぶりっこが過ぎるんだよなぁ。

11.ベランダの向こう側(作詞:奥村愛子 作曲:奥村愛子
奥村愛子の切ない曲は、まるで自分も追体験したような、小説でも読んだあとのような、そんな気持ちにさせられる。それくらい聴くものを引き込む力がある。これからも自分のペースで構わないから、この曲のような世界観のある曲を一曲でも世に送り出してほしいと切に願う。この曲は奥村愛子の曲の中でも一番好きといってもいいくらい好きだ。

12.恋したいハート(Brassless Version)
これ、いる?